L-アルギニンの効果効能③ 肝臓

phm21_0833-s

 

アルギニンの効果効能で有名なのが肝臓疾患対策です。

ヨーロッパでは治療にアルギニンが利用されたりします。それだけアルギニンというアミノ酸が有効なのです。

今回は、アルギニンと肝臓についてお話しいたします。

肝硬変

肝硬変は肝臓疾患の代表です。重症です。

肝硬変の原因の一つがアルコールです。フランスでは90%がアルコール性の肝硬変だと言われています。

肝硬変になったらおしまいです。その前にくい止めなければなりません。

そのためにアルギニンが治療で利用されたりします。

フランス

ヨーロッパでは、フランスで製造されヨーロッパ各地に輸出されています。

第一の目的が肝臓疾患対策。他には性機能強化や疲労回復です。

フランスではとくにワインの消費量が多く、肝臓を患う人が多いです。その対策としてアルギニンが注目を浴びています。

実際に、アルギニンを治療で用い、肝臓疾患対策として有効であることが示されています。

二日酔

私の経験から話すと、二日酔にも効果があります。

私は飲み過ぎたに必ずアルギニンサプリを摂取しています。そしてにも摂取します。

二日酔はだいぶ良くなります。

アルギニンにはデドックス効果もあるので、そのあたりも作用しているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、アルギニンと肝臓についてお話しいたしました。

アルギニンの有名な効能の一つに肝臓疾患対策があげられます。

フランスを中心にヨーロッパでは、昔から肝臓疾患の予防や改善にアルギニンが使われています。二日酔にも効果があります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ