L-アルギニンの効果効能⑥ 血流

ilm19_ca06091-s

 

アルギニンの最大の効果効能です。血流を良くすることです。血流は健康を維持する上で最重要です。

血流が悪いと病気になります。血流が止まると死にます。体に栄養を運ぶのも老廃物を取り去るのも血流がなくてはなりません。

今回は、アルギニンと血流についてお話しいたします。

血液の循環

体に栄養を運ぶのは血液です。体から老廃物を運ぶのも血液です。血液失くして生きていけません。

健康的に生きていくには血液がカギを握っています。

その血流を良くするのが一酸化窒素です。その一酸化窒素を生み出すのがアルギニンです。

そう考えると、アルギニンと言うアミノ酸は非常に重要なアミノ酸ということが分かります。

子供だけじゃない

アルギニンは成長ホルモンの分泌に深くかかわっています。成長ホルモンサプリメントとして売られているぐらいです。

確かにアルギニンが不足すると子供の身長は伸びにくくなります。成長ホルモンの分泌が悪くなるからです。

そのため、子供の時は必須アミノ酸と言われています。アルギニンは子供の成長にとってなくてはならないのです。

しかし、子供だけではありません。血流改善効果など大人にとっても重要なアミノ酸です。最近はアンチエイジングサプリとしても重宝がられています。

病気の根本原因

病気の根本原因の一つに血液があげられます。血液を流すには血管が必要です。

その血管を狭くては血液は流れにくくなります。その血管を広げるには一酸化窒素が非常に重要な働きをしています。

血管を広げる一酸化窒素はアルギニンから作られます。アルギニンだけよりもビタミン類を一緒に摂取したほうが良いと言われています。

要するに、アルギニンやビタミン類をバランスよく食事やサプリメントから摂取する必要があります。

まとめ

今回は、アルギニンと血流についてお話しいたしました。

病気の根本原因の一つが血流です。そもそも血流が止まると人は死にます。血流がスムーズになるためには血管がポイントになります。

その血管を広げるのが一酸化窒素で、その一酸化窒素を生み出すのがアルギニンです。アルギニンは食事として体外から摂取することになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ