L-アルギニンの効果効能⑧ アルギニンを多く含む食品

tex040-s

 

アルギニンは体外から摂取します。食事です。食事から摂取する機会が多いと思います。

食事以外ではサプリメントです。アルギニン系のサプリメントで効率的に摂取することができます。

今回は、アルギニンを多く含む食品についてお話しいたします。

大豆

アルギニンを多く含む食品として有名なのが大豆です。大豆にはアルギニンが多く含まれています。

他にはチーズなどにも含まれています。牛肉・豚肉・ハムなどの肉にも含まれています。

色々な食品に含まれています。その中で一番アルギニンの含有量が多いのが大豆です。

日本食には大豆料理が比較的多いです。納豆や豆腐、きな粉など身近な料理に大豆は使われています。

アルギニンを多く含む食品

以下の食材は、アルギニンを多く含む食材です。100gあたりのアルギニンの含有量です。

  • 大豆: 2.57g
  • イカ: 1.46g
  • ハム: 1.30g
  • 牛肉: 1.20g
  • アジ: 1.14g
  • チーズ: 1.06g
  • 鶏の卵: 0.81g
  • 豚肉: 0.80g
  • 食パン: 0.24g
  • ジャガイモ: 0.10g
  • サツマイモ: 0.05g

大豆に含まれるアルギニンが非常に多いことが分かります。

とはいっても、毎日毎食大豆料理ではさすがに飽きてきます。

サプリメント

最近はサプリメントが売られています。アルギニン系のサプリメントです。

アルギニンサプリには色々あります。アルギニンと書かれているサプリや、成長ホルモンサプリとして売られているサプリがあります。

アルギニンは、アルギニン単体よりも他の成分と一緒に摂取したほうが良いと言われています。

アルギニンサプリを購入するときは、どの成分が一緒に含有されているのかが重要になります。あとは、アルギニンそのものが十分含有されているかどうかも重要です。

まとめ

今回は、アルギニンを多く含む食品についてお話しいたしました。

アルギニンは日常の食品に含まれています。有名な食材としては大豆です。

幸運なことに、日本食には大豆料理が色々あります。しかし、大豆ばかりでは飽きてしまいます。効率的に摂取するにはサプリが一番手軽で確実です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ