ビタミンEの効果効能⑭ ビタミンEは貧血にも良い

ilm19_ca06005-s

 

貧血の要因は非常に多く、その中でビタミン不足による要因も数多くあります。

その中の一つとして、ビタミンEが考えれています。

今回は、ビタミンEは貧血にも良いについてお話しいたします。

ビタミンBだけでない

貧血とビタミンと聞くと、ビタミンB系をイメージする人も多いでしょう。

具体的には、ビタミンB2、B6、B12、葉酸などです。

実はビタミンEも貧血と深い関係があると言われています。

ビタミンEを摂取することで、貧血を改善することができます。

ビタミンEによる貧血

ビタミンEによる貧血として知られるのが、造血障害赤血球破壊です。

そのことで貧血になることが、動物実験などで確かめられています。

他にも小児系貧血もビタミンEで改善することが知られています。

さらに、鉄欠乏による貧血もビタミンEが有効です。

鉄欠乏によつ貧血

貧血の最大の要因が鉄不足によるものです。

貧血になったとき鉄剤を摂取するのはそのためです。

しかし、鉄剤だけでは貧血が改善されないことがあります。

そのようなとき、ビタミンEも一緒に摂取すると貧血が改善することが分かっています。

貧血は厄介

貧血に良いとされているビタミンは色々あります。

どのビタミンが原因かはなかなか難しいものです。

おそらく、どれか一つというよりも複合的に不足しているのでしょう。

少なくとも、鉄剤とともにビタミンBやビタミンEは摂取した方が良いでしょう。

まとめ

今回は、ビタミンEは貧血にも良いについてお話しいたしました。

ビタミンE不足により貧血がおこる場合にがあります。他のビタミン不足で起こる場合にもありあます。

最も多い鉄欠乏性の貧血にビタミンEを鉄剤と一緒に摂取すると良いと言われています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ